「緊張しい」のプレゼン克服方法例!

「緊張しい」のプレゼン克服方法例!

プレゼンの企画書は準備万端なのに、メンタル面の弱さで、いつも失敗してしまう。どうやったら成功できる?


伝える情報と方法

伝える情報と方法

伝える情報と方法

プレゼンは「伝える情報」と「伝える方法」の2つで構成されていることを理解せず、結局、失敗してしまった理由もわからないまま落ち込んでいませんか?
常に、プレゼンを終わらせることだけ考え、自分の状況も把握できず、プレゼンした雰囲気さえも記憶としてなくなった方、要注意です。
最近は、ネット環境のおかげで、そのプレゼンを欲している顧客には、「伝える情報」が伝わっていることが多いので、プレゼン側が優位に進められると思います。
しかし、本来は、欲していない顧客に気づきを与える「伝える方法」を確立させることの方が、ビジネスにおいては、有効です。

プレゼンの準備

プレゼンの準備

プレゼンの準備

新人のアナウンサーや司会進行は、台本・脚本とは別に、自分なりの原稿を持ち、覚えてしまうまで練習するそうです。原稿を読むのでなく、相手の顔を見ながらのプレゼンは説得力が違います。また、相手を和ませる話かたや、エピソードを折り込むともっとよいでしょう。
そして、滑舌よくはっきりとした声での話し方をしましょう。
声を出しての練習を行っておいた方がよいと思います。
加えて、プレゼンを、誰かに聞いてもらい、感想を聞いてみましょう。
何度かリハーサルを行い、率直な意見を聞くのは重要なことです。

ABC理論

ABC理論

ABC理論

さて、本題です。
そもそも本番に弱いんだから練習してもね!?と「緊張しい」な方によく言われます。
・本番では、そわそわして落ち着きません。
・本番直前になると頭が真っ白になります。
・本番前は、口が乾いて、何かが口から出てきそう。
笑い事ではないのですが、そういう私も以前は同じでした。
「伝える方法」には、声や表情などの演出も含まれ、プレゼン本番は、メンタル面を克服した上でないと準備や練習の成果が出せないことが多いものです。
そんな時に出会ったのが、ABC理論というものです。
だいぶ端折りますが「A:発生した事象」と「C:結果」の間に「B:考え方(信念、解釈、気の持ちよう)」があり、この「考え方」を変えることにより、人はネガティブな精神状態から脱出できるというものです。

ABC理論とは|論理療法(ABCDE理論)

http://www.counselorweb.jp/article/440972675.html

ABC理論とはABC理論は、アルバート・エリス(Albert Ellis)が1955年に提唱した「論理療法」の中心概念です。出来事(A)、信念(B)、結果(C)からなる認知に焦点をあてた考え方。ABCDE理論とも呼ばれます。論理療法はこちら

ブツブツ自問会話

ブツブツ自問会話

ブツブツ自問会話

プレゼン直前、気分が悪い「落ち着け。。落ち着け。。。」と気持ちを鎮めようと頑張り、自分を必死に励まそうとするのですが、ここが間違っている可能性が高いです。
・本(企画書の書き方)は確認して万全だ!
・昨日は早めに寝たじゃないか!
・細かいことは忘れとこう!
と回避的コントロールをしています。
人は、“緊張”に抵抗しようとすればするほど、緊張してしまうのです。
「大丈夫、大丈夫!」と現状を否定すればするほど「大丈夫じゃない事実!」がハッキリしてしまいます。そうなると更に平常心を維持できなくなり、もっと悪い状況に陥ります。
解決方法は、緊張を抑え込んで乗り切ってやるぞ!ではありません。
発生した事象に抵抗するのではなく、身をゆだねることが、よい結果を生む近道になると思います。
私の方法は、プレゼン前に、気の合いそうな方を探しては、「真面目そうな方がいました。私の話をちゃんと聞いてくれそうです。」とか「おっ、会社では偉そうな方ですが、きっと勉強しに来たのでしょう。」と勝手に想定しながら小さい声で、ブツブツと自分と会話したりしています。
そして、「えっと、喉が渇いてまいりました。緊張している模様です。水を飲めばいいのに、面倒くさいのでしょうか?」などと、自分の状況も解説したりしています。
このように、自分の状況やお客さんの状況を言語化することが効果ありました。
今では、プレゼンが楽しくなりました。
みなさんも、身をゆだねる方法を開拓して行きましょう。


この記事のライター

最新の投稿


「LINE」や「普通の会話」でも見かける“イタイ”人。あなたは大丈夫?

「LINE」に限らずSNSはとても便利なことから、気楽に絡めることで人気を得ていますね。ですから、誰しもが何らかのツールを用いて、日々やり取りをしているのではありませんか?現在では、ビジネスでもLINEは多くの人から親しまれ、活用されているようです。ところが、そんなSNSも然り・・・


“ゆるく生きる”ことでストレスフリーに!“頑張らない生き方”も

私たちは、今まで時間に追われ、慌ただしく生きてきたと思いませんか? ストレス過多な生活をしいられてきたと思いませんか? 都会から田舎へ帰ると、時間がとてもゆっくりと過ぎてゆくことに驚かされたりします。 同じ日本なのに、別世界のようです。 ですが本来、人の在り方は、このゆったりした時間を楽しむことにありそうです。


緊張するシーンは誰にでもある!?自分の言葉で伝えるのが楽しくなる方法!

大切な発表や大勢の前で発言するときに緊張してしまって、実力が発揮できなかったりしませんか? スポーツやビジネスの現場、日常生活で人前で発表するなどの時に過度の緊張から失敗してしまった・・・いう話しも、よく耳にしたりします。 今回は、そんな緊張のシーンをスムーズに乗り越えるコツをお知らせします。


気分が落ち込んだときに、やってみて、アレコレ集!

気分が落ち込んで、何もやる気にならない、そんなことはありませんか? 気分が明るくなり、気持ちをすぐラクにすることができたら、いいですよね? ということで、落ち込んだ時に役立つ行動をいくつかご紹介します。


不安や心配の感情を減らしたら、なんとも平和で穏やか!

毎日、朝起きた時、いたたまれない気持ちで目が覚めるよりは、「さあ、今日は何しよう~」と、元気で目覚めたいものですよね? もし、すっきり気持ちよい日々を過ごしたいならば、できる方法がありますのでご案内していきますね。